2018年12月1日(土)

毛布って布団の上?下?どっち!? (綿わた掛けふとん編)

おはようございます。ふとんの新保です。

月日が経ってしまいましたが、先月の【羽毛布団編】の続きを書きたいと思います。

羽毛布団の場合は、毛布素材によって異なると書きましたが、今回の綿わた掛けふとんの場合は、下に毛布を掛けることをおススメします。

なぜなら、綿わたの場合は下に掛けなければ、綿わたの冷たさが直に肌にあたるため、寒いからです。さらに、寝ているときの汗が掛けふとんに入ります。布団を干さなければ、湿気は出て行かず、布団はどんどん冷たくなってしまいます。どちらも防ぐためにも、毛布は下に掛けなければなりません。

毛布の素材は羽毛布団と逆で、ニューマイヤー毛布(アクリル)がおススメ!!

羽毛布団の場合は補助目的でしたが、綿わたは羽毛布団ほど保温力がないため、厚くて保温力のある毛布を選んでください。薄い毛布では綿わたの冷たさを感じやすくなります。羽毛布団と違い、綿わたは重いですので滑りにくく、安心です!!

お願いとしては、綿わた掛けふとんを定期的に干すか、乾燥機をご使用ください。綿わたはタオルと同じで、湿気(水分)を吸い続けます。濡れたタオルは、冷たく凍ることもあります。ほったらかしにしておけば、布団も同じく冷たいままです。でも逆に乾燥機などを掛けて湿気をなくし、暖かい空気を送り続ければ布団も暖かく気持ちよくなります。重さも軽くなるかも・・・?

 

【ふとんの新保】

住所/新潟県新潟市秋葉区新津本町2-10-27
TEL/0250-22-0808
E-mail/kaz@f-shinbo.co.jp

営業時間/AM9:30~PM7:00
定休日/毎週水曜 駐車場/6台駐車可

ふとんの新保

ふとんの新保は創業90余年、新潟の老舗寝具店です。 ふとんの新保は創業90余年、新潟の老舗寝具店です。

オーダー枕・
まくら・ふとん
スリープマスターがいる
快眠のための専門店

ふとんの新保では、毎日の眠りに大切な寝具を、体型・体質・寝返りなど、あなたがグッスリ眠れるようご提案しています。 さらに販売して終わりではなく、1・3・5・10年と末永く良い状態で使用していただくためのメンテナンスにも力を入れています。